ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクなら、岡山県倉敷市のサイクルショップタケチ

ブログ

寒い冬のアイテム

2021/01/11 09:00

今年の冬は例年より寒さが厳しいですね((+_+))  数年に一度しか積もらない雪もちらほら見る年です。

そんな雪まじりの日でも、『通勤バイクは止められない!』『寒くても自転車は乗るょ~』と言われる方に寒さ対策のアイテムをいくつかご紹介いたします。

 

まず最初は【手】ですよね。

寒さで手がかじかんでブレーキが握れない・・・そんな経験をされた方もいらっしゃるのでは?

BAR MITTSのハンドルカバー

え~・・・カッコ悪い(笑) 第一声はそうでしょうね。かなり違和感はあると思います。

見慣れないハンドルカバーに違和感はあれど、これが優れもの!実はこのハンドルカバーを装着された方は『夏用の指切りグローブで十分ですよ!』って言われます。素材もウェットスーツのようなしっかり厚みのある素材なので冷たい風が直接 手に当たらない。

見た目の違和感より 快適性の方がかなり勝っているので、使いだしたら止められない!って方が多い優れものですよ✨さすがに今年は在庫しました(笑) 価格も冬用グローブ程度なので、冬用グローブ買うよりこっち!の選択もありですね。

 

次にご紹介は、ハンドルカバーはさすがに・・・(^^;  と思われる方に

カイロを入れられる厳寒期用ウインターグローブ

市販のカイロ(小さいサイズ)を入れることができる専用ポケット付き。
カイロを入れることで-5℃まで対応できます。
※使用状況によって感じ方には個人差があります。
アルミ箔フィルム生地採用
手の甲部分にアルミ箔フィルム生地を採用し、カイロで発生した熱を指先まで効率よく伝えます。
「ホットカプセル®」採用
手の甲内側部分に熱が奪われにくく保温・蓄熱性能の高い「ホットカプセル®」を採用。
カイロで温めた熱を逃がさず、指先までしっかり温めます。
また、抗菌防臭機能/抜群の肌触りで快適な使用感を実現しています。
 
手の次は【足】です。ここでシューズカバーをご紹介しても普通すぎなので(笑)
ウィンターシューズです。
日本国内では あまり目にすることはないと思いますが、ヨーロッパではサイクルシューズの30%はウィンターシューズが購入されています。
気候的な要因もあるでしょうが、実は寒い時期はウィンターシューズがオススメです。
皆さんが履かれているバイクシューズは、ほぼ夏用の物ですよね。蒸れないように通気性を良くしています。
これが寒い時期は仇となり、指先が痛くて痺れる・・・。ですよね。経験された方が多数でしょう。
ウィンターシューズはその名の通り、寒い時期用なので冷たい空気は入ってきません。また足首までカバーしているので、関節を冷やす心配もありません。
以前 購入していただいたお客様は、秋に履いたら蒸れて水虫になるゎーなんておっしゃってましたね(笑)
 
ウェアなども 本当に良い物はありますが、皆さんほぼネットで購入されていますのでそれで良いと思います。
それでも寒さをしのげない!って時にはご相談ください。とっておきを店頭にご用意していますから(^^♪
 
寒さ・コロナに負けず走りまくりましょー( `ー´)ノ オゥッ!!