ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクなら、岡山県倉敷市のサイクルショップタケチ

ブログ

【新型Émonda】TREKが発表

2020/06/19 10:00

新型Émonda SLRとSL

新型Émondaは、軽量オールラウンダーでありながら、空力性能が追加され、かつてないほど速くなりました。

新素材OCLV 800カーボンとまったく新しいエアロフレームを手に入れ、Émonda SLRトレック最速のクライミングバイクに。

Émonda SLは6年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、ハイエンドモデルとまったく同じフレーム形状となり、大きな進化を果たした。

※Project Oneの受注は6/19に開始します。

 

トレック最速のヒルクライムバイク

エアロチューブの採用により、Émondaがあらゆるシチュエーションでさらに速くなりました。空力性能は登りでも重要です。新型Émondaのエアロチューブ形状は旧モデルと比べて、勾配8%の坂を1時間で18秒も短縮することが分かりました。平坦ではなんと60秒短縮します。エアロチューブにすると一般的に重量が増えますが、新しいOCLV 800だけは違います。

OCLV 800 カーボン

OCLV 800はトレック史上最高峰のカーボン素材。開発に数年を要した新素材はこれまでよりも30%強くなり、素材の使用量を減らすことで、T47 BBを採用しながら700gを切るエアロフレームを実現した。

Émonda SLは、コスト重視の軽量な500シリーズOCLV カーボンを用い、Émonda SLRでは予算外となるお客様に最適です。

統合された設計

Émondaは新型Aeolus RSL 37 ホイールおよびAeolus RSL Bar/Stem Comboと同時に発売され、重量とエアロの究極のバランスをバイク全体で体感できるようにします。

Émonda SLRとSLは同一形状のフレームを用い、空力性能は同じです。どちらもT47 BBを採用し、パフォーマンスと整備性に優れています。エアロのためにケーブルはほぼ内装されています。整備性を考え、新しい Aeolus RSL ハンドルバーは内装ではなくハンドル下部の溝を通す設計にしています。フィットはMadoneと同じH 1.5。パワフルで空気抵抗の少ない乗車姿勢で走ることができますが、従来のH1ほどアグレッシブではありません。

新型Émonda SLRとSL ラインナップ