ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクなら、岡山県倉敷市のサイクルショップタケチ

ブログ

Pioneer GPS サイクルコンピューター新製品

2018/12/21 22:00

2019年1月中旬にGPS サイクルコンピューターSGX-CA600を新たにラインアップに追加いたします。ロードバイクの楽しみ方を拡げ、実走やローラートレーニングシーンでライダーに有効な多彩な機能を搭載したモデルです。

SGX-CA600

1月発売GPS サイクルコンピューターSGX-CA600のポイントをまとめたプロモーション映像です。仲間とのグループライド、ローラートレーニングなどご自身の色々な走行シーンを思い起こしてご覧ください。

様々なバイクシーンで活躍する
サイクルコンピューターの最先端モデル
その情報はライダーに
成長と喜びをもたらす

先進のフォルムに一クラス上の機能を搭載したGPS サイクルコンピューター。スマートフォンや外部機器との連携により多彩な使用目的にきめ細かく対応。走ることへのモチベーションを高める多彩なカラーグラフィック画面を含め250パターンのデータを表示します。ANT+に加えてBluetoothやWi-Fi通信を利用して様々な走行シーンを的確にサポート。トレーニングの充実を図るアスリート、日々のライドを仲間と楽しむライダーへ。

進化を続ける
高性能GPSサイクルコンピューター
様々なロードシーンで活躍
自分に最適な活用法が必ず発見できる

通信方式にBluetoothを採用。2種の専用スマートフォンアプリを活用して本体の設定からログデータ解析までスマートに行え、外部トレーニングサポートツールとの密接な連携を実現。ヒルクライムやロードレース、仲間とのグループライドなどの実走、室内でのローラーや外部自転車ツールを使用したトレーニング等様々なロードバイクシーンでライダーをサポートします。

 より見やすく、
瞬時に自分の走りを把握する

これまでのサイクルコンピューターの大半は各種センサーで測定されたデータを数値で表示するものでした。SGX-CA600では数値表示に加え、15種類のグラフ表示や250パターンのデータ表示を実現します。トレーニングや走行中の状態のデータをグラフィカルに表示することで、直感的に把握しやすくしました。多彩な表示は自己成長へのモチベーションを一層高めてくれます。ペダリングの状態や左右のパワーバランス、負荷レベル、疲労蓄積度等が把握できます。データフィールドでは新たにトルク効果、ペダルスムースネス、GPR、GPA、KIの表示を可能にしました(データは保存されません)。走りをより楽しく、そして深く追求する。サイクルコンピューターの進化の形がここにあります。

全国マップデータを収録
ルートナビゲーション機能搭載

●日本全国のマップデータを収録
日頃走りなれていないエリアでも自車位置を美しく明瞭な地図上で確認できます。スケールチェンジ、ノースアップ、ヘディングアップの切り替えも可能です。マップの更新通知は「Cyclo-Sphere Control App」に表示されます。
●コース転送・ナビゲーション
Ride with GPSやStravaなどで作成した走行ルートをSGX-CA600に「Cyclo-Sphere Control App」を経由して自動的に転送。コース選択すればマップに反映。スタート地点、またはコース上に乗ったら案内開始、右左折・直進・キューポイントを表示。コースアウトしたらアラート、右左折案内ポイントでオート案内ズーム、コースプロファイルとキューシートを更新します。
●シミュレーション機能
スマートトレーナーと連動して過去のログデータのコースの斜度を再現、マップ、コースプロファイルを表示しながら実走体験が室内で可能です。

走る喜びが広がる
より速く、より楽しく

●ライブセグメント
Stravaから「Cyclo-Sphere Control App」経由でスターつきのセグメントを自動同期。セグメントリスト表示、開始カウントダウン、プロファイル、KOM、PR、残り距離等を表示します。
●コース作成&自動ダウンロード
ルートソフトで作成したFIT ファイル、 TCXファイルを「Cyclo-Sphere Control App」経由で自動でSGX-CA600に取り込めます。あとは希望のコース選択をすればコースプロファイルを確認してナビゲーションスタートです。
Strava、Ride with GPS
●トレーニングメニュー作成
Training Peaks™サービスで作成したトレーニングメニュー(ワークアウト)を「Cyclo-Sphere Control App」を経由してSGX-CA600に取り込んで使用することができます。
●室内トレーニングアイテムとの連携充実
ZWIFT等のツールとこれまで以上に手軽に接続が可能になります。ペダリングデータを取得しながら仮想空間のライドを楽しむことができます。また負荷連動タイプのスマートトレーナーとの接続に対応し、トレーニングメニューとの負荷連動、過去のログデータとの斜度連動により室内で効率的なトレーニングが行えます。
●スマートフォンメッセージ表示
電話、メール、メッセージの通知表示が可能

詳細はこちら↓↓↓

最近では、サイクルコンピューターにGPSが搭載されるのが一般的になってきました。日本の通信衛星みちびきにより 位置情報も格段に正確になってきているのも起因していると思います。

きちびき対応のGPS機能搭載され、マップ機能が追加されたPioneerの新しいサイクルコンピューター「SGX-CA600」は、現在Pioneerのペダリングセンサー(SGY-PM910)と互換性がございますので、新しいコンピューター「SGX-CA600」をそのままご使用いただけます。

ペダリングモニター・出力ワット・ナビゲーション(マップ機能)がオールインワンの「SGX-CA600」の発売を記念して、

FC-R9100/R8000クランクのお客様(SGY-PM930H+SGX-CA600+Wahooセンサー)

FC-9000/6800クランクのお客様(SGY-PM910Z+SGX-CA600+Wahooセンサー)

参考上代¥180,949のところ → 特別価格¥163,000

受付期間:20181225日(火)~2019311日(月)

自分の成長を可視化できる「SGX-CA600」を使ってみませんか?  初心者の方からベテランライダーまでどなたが使われても確実に自分の弱点を克服することが出来るでしょう。